MENU

草凪純(加納瑞穂)のGカップ天然爆乳が楽しめるおすすめAV作品を紹介します!

1990年代は、まだまだAV業界が未成熟の時代で、あの当時は、巨乳フェチのようなジャンルやアスリートAVのような、特殊なジャンルもありませんでした。

それに、まだまだ、AV業界はロリ巨乳全盛期の時代でもありました。そんな中で、革命的ともいえる、すごい細身巨乳で、AV業界にデビューしたのが、加納瑞穂でした。後に、草凪純としてグラビアモデルとして、もしくは、テレビタレントとしても活躍します。

正直、初めて草凪純のデビュー作を見た時、本当に、こんなすごい細身巨乳の女の子がAVにデビューしていいのかとびっくりしたのを覚えています。長身スレンダーでしかもすばらしい爆乳というのは、渡瀬晶とこの人がAV史上最高でしょう。

草凪純は、クビレばかりが注目されていましたが、それは、デビュー当時のハリ最高の爆乳を知らないAVファンのいうことです。まだ、草凪純のデビュー当時のおっぱいは、FANZAで見ることができます。今見ても、こんなにすごい爆乳は見たことがない。そんなレベルのすごいおっぱいです。草凪純の作品には、彼女の天然爆乳のとんでもないエロさを堪能させてくれる作品がたくさんあります。天然爆乳マニアの方は、草凪純の歴史的なエロ爆乳のすごさをぜひ堪能してもらいたいものです。

目次

Pin Pin Girl 草凪純

Pin Pin Girl 草凪純は、デビュー作としては、歴史に残るような名作だと思います。1990年代の爆乳作品としては、樋口沙織と若菜瀬奈のデビュー作は、トップ3に入るレベルのエロさでしょう。

当時は、まだ、VHSの時代でしたが、Pin Pin Girl 草凪純のエロさに、とんでもなくコカンをアツくさせられました。この作品はとにかく、冒頭のインタビューシーンからエロすぎです。草凪純のようなテレビタレントになるような逸材に、いきなり、バイブをおっぱいに挟ませてフェラまでさせます。

そして、男優に後ろから乳揉みさせおっぱいをセルフ舐めまでさせます。今ではセルフ舐めなんて、当たり前の常識になっていますが、当時は本当にやらしすぎるエロプレイでした。いろんな淫語を言わせた後にファックがあります。そして、野外での体操服姿での縄跳び開始。最高の天然爆乳が上下に激しく揺れる乳揺れシーンがじつにやらしいです。

その後、上半身全裸になり、生おっぱいが揺れながらの縄跳びがあります。この乳揺れシーンには本当に感動さえさせられてしまいました。一流AV女優が、上半身または全裸になり、縄跳びをして、乳揺れを楽しませてくれるフェチシーンというのは、ありそうで、AVの歴史の中にもほとんどありません。

私の記憶の中では、トップAV女優でそれをやったのは、小川流果と麻美ゆまぐらいでしょう。麻美ゆまは、ハイパーギリギリモザイク ゆまとみのりという作品で、初音みのりといっしょにやらしい全裸ジャンプをやっています。それに、Pin Pin Girl 草凪純のサービス収録となっている草凪純のシャワーシーン。

ものすごいハリでやらしく巨大な天然爆乳を手洗いしているところなどは、おっぱいフェチにとってはたまらない抜きどころでしょう。その後、セックスする男優の戸川夏也も外人モデルみたいなおっぱいをしていると、驚きを隠せません。

確かに、今のようなしつこく、こってりとした乳揉みやおっぱい凌辱などのシーンはありません。しかし、草凪純のデビュー当時の天然爆乳はちょっとレベルが違います。今のおっぱいフェチの方でも、このデビューAVは十分に抜けるでしょう。

猥褻モデル 加納瑞穂

草凪純がまだデビューした当時、天然爆乳を楽しませてくれる激アツのAVは、たくさんあります。その中でも、最もすばらしい1本が、猥褻モデルです。

この作品は、モデル業を営んでいる草凪純が、マネージャーの無理な要求に従い、バイブなどの大人のおもちゃの実演販売を任されるというエロコメディ作品です。作品の中でいろんなコスチューム姿を草凪純が披露してくれます。この作品を視聴すると分かると思いますが、本当にこの頃の草凪純の肉体は、AV女優でなくとも、普通にモデルをしていれば日本一のモデルになれたと思います。

こんなにすばらしいおっぱいと肉体をした女性が、CM撮影だとかいってバイブを自分のアソコに突っ込み実演販売してり、すごい格好したりします。CM撮影の場面で、アソコを戸川夏也にかき回されて、「吹く吹く」なんて言わされてイキまくる姿などは永遠の抜きどころです。

この人は、最初に普通のモデルで芸能界で仕事をして、その後にAVデビューしていれば、今の高橋しょう子のような、とんでもない売れ方をしたはずです。本当に惜しいことをしました。

聖★痴女 加納瑞穂

この作品は、単体AV女優に、とんでもないことをやらす過激シリーズでした。同じ聖痴女シリーズで、「聖痴女 若菜瀬奈」という、野外露出系の超名作もあります。 

それまで、肉体のやらしさばかりを強調した、少しコメディタッチなAVが多かった彼女も、ここで過激な野外プレイに挑戦。まず、ファーストシーンでは、一般公募した男性ファンを撮影場所へ招いて一人ずつフェラ。極めていい女の加納瑞穂が、汚いファンたちのアソコを抜きまくるシーンは重度の寝取られ感がして最高。

その後、超ミニスカとロングブーツを穿いて駅へ向かい逆ナンパ。このシーンでは、彼女は終始ノーパンです。カメラを下アングルから、彼女のスカートの中を撮影。本当にノーパンで少しお尻が見えるのには、かなり、ドキドキさせられます。そんな状態で逆ナンパを開始。

いろいろと探し回った彼女は、一人のイケメン男性をゲット。交渉の末、中が見えないようになったライトバンの中で、カーセックスまでします。しかも、生カンです。ドキドキのカーセックスの刺激に絶叫する加納瑞穂の声がだだ漏れ。外から撮影するカメラの中には近所のおばさんたちの声がたくさん収録されています。

つまり、普通の住宅地の中で、カーセックスを白昼やってしまったということですね。今やると、こういう、野外プレイは規制があるので、できません。しかし、この時代は、単体の人気AV女優が、作品のワンシーンで当たり前のようにやっていました。そういうお宝映像が、大手AV配信サイトにはたくさん眠っています。

爆乳AV女優大好きクラブ!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次