MENU

謎の長身美女AV女優、長谷川留美子の抜けるおすすめAV作品を紹介します!

昔からのAVファンの中には、長谷川留美子を知っている人は多いと思います。この人は、AVの歴史上でも、最もいい女だと評価する人もいるくらい美しい女性でした。しかし、謎が多いところもあります。まず、デビューがAVについていろんな説があります。

(PR)癒し女優 長谷川留美子

名古屋のマニアメーカーで、デビューしたとか、アテナ映像の名物シリーズ、ザ・カメラテストが最初だったとか、いろいろです。昔、長谷川留美子の熱烈なファンがファンサイトを制作していたのですが、その人が、長谷川留美子は、関西のマニア雑誌にエロ投稿写真で出演したのが、最初だという人もいました。

(PR)あの時の君に会いたい。 長谷川留美子 8時間

関西でスカウトされ、名古屋で面接、その後、東京で、AVデビューというのは、よくあるケースですから、おそらく、関西のマニア雑誌がデビューだったというのが正確な情報でしょう。じつは、私も、その関西のマニア雑誌の長谷川留美子が公園で、男と野外でエロをしているページをもっていたのですが、遠い昔に捨ててしまいました。今では、捨てずに持っていればよかったと非常に後悔しています。内容的には、長谷川留美子が、1番若い時期の姿で、たしか、露出度の高い格好で、公園のベンチで、男と熱烈なキスを何度も繰りかえしていた写真だったと思います。

(PR)長谷川留美子のAV作品情報はコチラ!

公式のデビュー作?

長谷川留美子の公式なデビュー作は、アテナ映像のザ・カメラテストシリーズということになっています。この作品の中で面接に来た長谷川留美子が、鬼闘光監督の汚いチンポと助手の男のチンポを2つWフェラさせられるシーンは非常に抜けます。

(PR)ザ・カメラテスト ビデオに出たいんでしょ?そしたらシャブらなきゃ!!

それに、ファックシーンも演技なしの本気の反応が見れて最高。この作品は、その後にAVマニアの間では、カルト的な人気AV女優のリアルなセックスが楽しめることと、最初の公式デビュー作であることが濃厚にもかかわらず、あまり有名でないことがすごく不思議です。ザ・カメラテストシリーズには、他にも、長瀬愛や松田瞳など、AVマニアにとって超お宝となるような伝説的なAV女優たちがたくさん出演しています。

長谷川留美子の名古屋での仕事

東京では評判の人気AV女優となった長谷川留美子ですが、名古屋で撮影された素人時代の彼女のAVは、非常にマニア的でした。野外露出マニアにかかわらずとも、肉体マニアや着衣巨乳マニアなどいろんな人が好むような作品に出演しています。

当時の名古屋は露出AVの名作が非常にたくさん制作された歴史的な土地でした。堀江あすかの出演した「露出at nagoya」やかわいひかるの「過激露出レズ」など過激な作品が制作され、あの露出クィーンだった今井はるかの作品も、大量に制作されました。

そんな過去の名古屋で、長谷川留美子の作品も大量の制作されています。これこそ、お宝AVの極みと言っていいでしょう。長谷川留美子の名古屋で撮影されたマニアAVは、私の知っている限りでいうと、5本程度あります。おそらく、人知れない彼女のお宝AVは、まだ、10本ぐらいあると思います。名古屋のマニアAVの中古VHSが売られているところに探れば、すごい名作に出会えるかもしれません。しかし、そんなマニアAV点でさえ、もうほとんど廃業してしまっているのは残念です。

(PR)長谷川留美子のAV作品情報はコチラ!

長谷川留美子のお宝AV

長谷川留美子の1番のお宝AVは、「おもらし」でしょう。この作品は、長谷川留美子は野外露出をして放尿までしてしまうという超お宝AVです。歩道橋で堂々、放尿してしまう罰当たりプレイも見物なのですが、白昼、水色のボディコン姿で名古屋の街を歩く姿も超エロいです。

ほとんどパンツが見えてしまうスカートの丈の短さにもドキドキなのですが、生地自体うすうすで、よく見るとパンツが透けています。これだけの超美人の過激な野外露出シーンは、渡瀬晶の露出大都会東京とこのAVぐらいだと思います。なんで長谷川留美子単体で野外露出AVを数本制作しなかったのでしょうか。

もったいないことをしたと思います。この名作、おもらしですが、長谷川留美子とともに、複数のナイスボディ美女たちが出演していて、その中には、泉セリナがいます。泉セリナを知らない人が多いと思いますが、彼女の野外露出AVもお宝が多いです。この肉体美、最高ですね。泉セリナのこの肉体美に魅せられた野外露出ファンは非常に多いと思います。名古屋での野外露出作品で、泉セリナの過激な野外露出作品もけっこうあります。

(PR)長谷川留美子のAV作品情報はコチラ!

抜けるおすすめ名作AV紹介所!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次